*All archives* |  *Admin*

2012/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母の記憶


ゴールデンウィーク明けに母の兄が亡くなった。

母は三人兄弟の末っ子

上には二人の兄がいましたが

長兄は20年程前に亡くなり

残った次兄も28年前に脳震盪で倒れて以来

寝たきりの生活。晩年は胃癌と痴呆も加わり

介護していた奥さんも乳癌から骨癌に転移

本人はもちろん家族みんなが長い戦いの日々だったと思います。


そんな叔父が亡くなって

遺品を整理していたら

昔の写真がたくさん出てきたそうで

その中で母が写っているものを持ってきてくれました。

母は昔から全然変わってない(笑)

変わらないってことは昔は老け顔だったのね(^^ゞ

中学の制服姿

成人式の時の着物姿もありました。

全部初めてみる母の若かりし頃の姿

ちょっと照れくさい感じがしました。

そんな中にお年寄りだけの集合写真がありました。

何の写真なのか母に聞くと

そこには私が会ったことのない祖父母がいたのです。

「初めまして」です(*^_^*)


母と一緒に少しだけタイムスリップしてみました。




RIMG0194 (640x480)


最近の母は昨日のこと・・・ついさっきのことも忘れてしまうことが多いのに

こんなに古い写真に写っている人のこと

みんな覚えていました。

お兄さんの友達の名前まで憶えていた。。。

母の記憶・・・どうなっているのかな???

不思議だなぁ。



スポンサーサイト
牛伏川フランス式階段工 2



P5273328 (640x480)



私が停められなかった駐車場の脇にある立て看板

ここから先は車は通れません

そこで、またまた疑問

キャンプ場・・・・ここから荷物を持って歩いて行くわけ???

だって・・・

牛伏川フランス式階段工


こんな坂道登って行くんですよ


牛伏川フランス式階段工



階段工は18段あるんですね♪



ではでは、じゃじゃぁ~~~ん




牛伏川フランス式階段工



牛伏川フランス式階段工



P5273343 (640x480)



牛伏川フランス式階段工



牛伏川フランス式階段工






牛伏川フランス式階段工




牛伏川フランス式階段工








新緑もキラキラ

流れる水もキラキラ







踏み石を渡って対岸に戻りました~~








牛伏川フランス式階段工










最後に


牛伏川フランス式階段工



寂しく路駐されていた車(笑)







テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

牛伏川フランス式階段工 1


新聞で知った「牛伏川フランス式階段工」


牛伏川の上流は、脆弱な地質と急峻な地形、また乱伐や山火事などにより荒廃が進み、
崩落などによる土砂の流出で河床が上がり、下流域では度々大きな水害に見舞われた。
このため、1885年(明治18年)から1918年(大正7年)までの30年間にわたって
牛伏川砂防工事が行われた。このうち河川勾配が特に急な最終部分を克服するため、
フランスのプロバンズ地方、
アルプス山脈の南を流れるデュランス川・サニエール渓谷の階段工法をそのまま設計したものが
牛伏川フランス式階段工である。
現在周辺にはキャンプ場や遊歩道などが整備され、人々の憩いの場となっている。

** Wikipediaより **


今回はこれを目指しました♪


牛伏川フランス式階段工


この地図の現在地からフランス式階段工まで

歩いていけない距離ではなさそう~~~

しかもこの先はこんな感じ


牛伏川フランス式階段工


先に道はあるの??

でも地図によると駐車場はあるらしい。

私の車じゃ無理??

いろいろ不安だからやっぱり歩こ





牛伏川フランス式階段工



ダムってどこのダムも水の色が何ともいえないよね。

神秘的


坂道を登ってこんな感じのものや


牛伏川フランス式階段工



こんな社を通過して


牛伏川フランス式階段工



私の目に入ったのは



牛伏川フランス式階段工



あと800メートル????

あの・・・・坂道を800メールって(-_-;)

冗談でしょ!!の世界

時間もないし・・・思い切って、上の駐車場まで車で移動を決心

それが、道も意外と広くって駐車場まで楽々行けたのに

満車状態・・・仕方なく途中まで降りて路上駐車(^^ゞ

今度は広い道をてくてく登ります


牛伏川フランス式階段工



写真ではわかりにくいけど、意外とキツイ坂道

汗だく、ひざが痛くなる(笑)



牛伏川フランス式階段工




牛伏川フランス式階段工



なんか~~~いい感じになってきました

逆三角形がめっちゃ可愛い♪



牛伏川フランス式階段工



いよいよ牛伏川に到着



続きは次回(笑)









ちょっと疑問

Wikipediaによると


牛伏川フランス式階段工(うしぶせがわ フランスしきかいだんこう


となってますが


牛伏寺は「ごふくじ」になってます。



なんで読み方が違うんだろ~~~



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

→Pia-no-jaC←


今朝の情報番組を見ていたら

→Pia no jaC←

が紹介されていて、すっごく嬉しかった

二年前に →Pia no jaC← を知り

密かに応援してきました

二年前のブログ

『お花見行ったけど・・・』

で紹介してます。


海外からのオファーも多くなって

大活躍しているみたいです。





迫力ある演奏・・・カッコイイなぁ



洗濯用洗剤


つい先日、「せっけん」のことでお友達のブログにコメントしたばかり

このタイミングで・・・

やってしまいました。

去年の夏に履いていた七分のレギンスを

そのまんま履いてしまいました。

去年は湿疹の原因が「界面活性剤」が原因だって知らなかった頃

一時間くらい経ってから

「これってヤバイかも」

って思って・・・素肌に接触しないようにキャミを挟み込むような感じで

履いていたんだけど

その一時間がいけなかったみたい(-_-;)

腰からお尻に湿疹が出来ました

でも、まだすっごく痒いわけじゃないので

ベビー石鹸で念入りに洗って、念入りに石鹸を落としました

自分がこれほど「界面活性剤」に敏感になってることを実感しました。

やっぱり

「せっけん 万歳」

です。

今は、界面活性剤の入っていない

洗濯洗剤をネットで大人買いしてます(笑)



京都旅行 最終回


私が南禅寺の水路閣、正確には「疏水」を自分の目で見たいと思ったのは

日韓合作映画『初雪の恋 ヴァージン・スノー』を見てから。



南禅寺



南禅寺



南禅寺


本当はロケ地を全部廻りたいくらいだったんだけどなぁ

この映画はストーリーより背景がすっごくキレイで良かったんだぁ


映画だけでなく、二時間ドラマの撮影でも使われているらしく

思っていたより大勢の人が見学に来ていました

南禅寺の水路閣



南禅寺の水路閣



南禅寺の水路閣



南禅寺の水路閣



南禅寺の水路閣



P5053235 (640x480)



南禅寺の水路閣



南禅寺の水路閣



撮った写真を整理して気が付いた・・・

正面からの写真がない(-_-;)

思っていたより木が多くて、正面からだと水路閣が思うように映らないのと

観光客が多くて・・・カメラを向けても映るのが人物ばかり

でもでも、ずっと憧れていた水路閣を目の前にして

映画のシーンが甦り、感動はひとしお

水路閣のレンガをなでなで頬ずりしちゃいました(*^_^*)




水路閣



水路閣



水路閣の上部が水路になっていたんですね。




疏水は、琵琶湖から京都市内に向けて引かれた水路である。滋賀県大津市で取水され、南禅寺横を通り京都市東山区蹴上迄の区間である。疏水の工事は1881年に始まり、1890年に竣工した。
 疏水の目的は大阪湾と琵琶湖間の通船や水車動力による紡績業,潅漑用水,防火用水などであった。ところが水力発電の有利性が注目されるようになり、1889年に蹴上に発電所が建設され,91年には送電を開始した。また水力発電の増強と水道用水確保のため,1908年に第2疎水の工事が、始まり、1812年に完成している。同時期に蹴上浄水場が建設され、現在は上水道の水源として利用されている。
 赤煉瓦のアーチを思わせる水道橋は、南禅寺の古めかしさになじんで、今では一種の美を湛えている。

** 南禅寺のHPより引用 **




蹴上線もココも改めて歴史を感じます

次に京都に行く時はもっともっと勉強してから行きたいと反省



南禅寺




南禅寺



今回は新緑がキラキラの京都でした

何年も夢みていた水路閣が見れて幸せ♪



南禅寺を後にして

哲学の道に行くはずが・・・

どこでどう間違ったのか

一時間近く迷子状態です(涙)

なんだろ・・・道を尋ねるとかしない

もしかしたら・・・みんなが行かない素敵な景色に出会えるような気がして

何となく歩いてみる

けど、何もない。ホント何もない

普通の・・・うちの近所状態なとこばかり

やっと大通りに出たのが14時・・

ココまで写真を撮る余裕がないくらい必死状態(-_-;)

タクシーを拾ってホテルに戻りました

・・・って集合場所のホテルに着いたのが14時30分

ホテル内にある足つぼマッサージは予約しておいたけど

タクシーに乗った時点でキャンセルの電話


ホテルに隣接している施設えお寿司を食べるはずか・・・

行ったら30分待ちで、京都でイタリアンなパスタでかなり遅い昼食


今回の反省

京都らしいものを食べたい時は予約が必須です。

そして、余裕のあるスケジュール



京都はどの季節でもワクワクドキドキ楽しませてくっるんじゃないかな

次は・・・一人旅もいいかも





テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

京都旅行 10

南禅寺まで4km・・・

どうしよう

「とりあえず、次の信号まで考えてみよ」

ってことになってトコトコかなり急ぎ足


で、次の信号




南禅寺


あれれ??

「南禅寺前」って・・・(^_^;)

さっきの4kmは何だったんだろ

ま、いいかっ

とりあえず最終目的地の南禅寺に到着~~~♪

時間は12時30分

14時にはホテルに戻って昼食を食べて

足裏マッサージで疲れを癒してから

15時に集合場所のロビーに行く予定


廃線になった「蹴上線」


蹴上線



蹴上線



蹴上線





1895年(明治28年)4月1日 京都電気鉄道により、木屋町二条 - 岡崎円勝寺町 - 南禅寺間が鴨東線として開業。
1907年(明治40年)8月8日 南禅寺 - 蹴上間延伸開業。
1918年(大正7年)7月1日 京都市が買収。
1926年(大正15年) 8月7日 東山仁王門 - 岡崎円勝寺町間の広軌路線が開業。岡崎円勝寺町 - 南禅寺 - 蹴上間を広軌化し、木屋町二条 - 岡崎円勝寺町を休止。
9月1日 休止中の木屋町二条 - 岡崎円勝寺町間の狭軌路線を廃止。

1945年(昭和20年)2月1日 戦争の激化により、全線休止。
1965年(昭和40年)7月10日 全線廃止。



古い歴史のある路線だったんですね。

私が1歳になる頃には既に廃線。

時間があったらもう一度ここに戻って

線路の上を歩いてみよ♪




南禅寺


南禅寺



南禅寺



どなたか存じませんが

絵になってます。。。



南禅寺



南禅寺



目指すは「水路閣」

今回の旅行の最大の目的地


それにしても新緑が瑞々しい



南禅寺



南禅寺



南禅寺



南禅寺



グリーンがとまりません

どこを見てもグリーン・・・新緑一色がキラキラ

五月晴れな一日



テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

京都旅行 9



八坂神社から円山公園を抜けて知恩院


知恩院




知恩院



知恩院


屋根の左下に・・・人影がわかるでしょうか??

国宝に指定されている三門楼上内部や重要文化財の宝冠釈迦牟尼仏像

十六羅漢像などを公開していたので

山門の上に登れるんです。(入口から撮影禁止)

もちろんチャレンジ

しかし・・・二人とも高所恐怖症(-_-;)

実は清水寺もかなり怖かった

でも、今回は次にあるかないかのチャンスなので頑張りました

上部までの階段はかなり急で

最後の3段は案内係の方の手を借りてやっと

「這い上がる」って感じでした。


山門は高さ24mだそうですから

私達が登ったところは20mには満たない高さなのに

かなりの恐怖・・・

しかも、誰かが歩くと床が揺れる。。。

一刻でも早く降りたい心境(笑)


知恩院



知恩院



広さは西本願寺に負けてません


知恩院



この階段を登っていくと国宝の「御影堂」なんだけど

工事中だし、階段を登るの疲れちゃったし時間はないし(12時頃)

私は前回にお参りしてるし

パス~~~しちゃった(-_-;)

私は前回、母と旅行してココが一番印象に残っているんだけど・・

ま、諸事情によりパスってことです。(笑)


そしてここから最終目的地の南禅寺へ向かいます!!


楠



楠



これは「楠木」???

枝が・・・幹のように太くって

頼り甲斐ありそう




学校


これは・・・小学校の裏口かしら

田舎とは違う・・・

しっかり施錠されていて入れないようになってる

そうだよね~観光地だもんちゃんと管理しないと

色んな人が入って荒らされたり、いたずらされたら困るものね


柵の隙間から


学校



門の奥を・・・ごめんなさいです。


この後、ひたすら上り坂を歩いて

途中、コンビニでアイスコーヒーで一服&トイレ休憩




ウェスティン都ホテル前の看板に

「南禅寺4k」って書いてあるのを見て驚愕。。。

驚愕しすぎて写真も撮れなかった。

時間は12時近く。。。

タクシーに乗るべき???






テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

コレ、めっちゃカッコイイ(*^^)v




昨夜は21時~22時の間に

フジテレビでSKⅡのCMで福山雅治verが一回だけ放映されるってことで

お利口さんにテレビの前で待機

アカペラでめっちゃカッコイイ♪

SKⅡのサイトでロングverがあったので、ダウンロードして

ipodに入れちゃった♪

パソコンでもipodでもめっちゃヘビロテ(笑)

なんか~~~私に向かって歌ってくれてる・・・

・・・・って

あ~~~勘違い(-_-;)










その後は23時からファンクラブ限定のBROSテレビ

軽キャンでキャンプに行きたい

って前回の放送でましゃのご希望が叶って軽キャンでキャンプに

運転手はましゃ

最初、ウインカーとワイパー間違えて

「普段、左ハンドルだからさ~~~」

って(笑)

兎にも角にも夜は福山三昧で幸せ♪

あとは9月のファンクラブのイベントが

目の前の人参かな~~~


ar

久しぶりにar(アル)のHPを見たら4月にアルバムを発売してるじゃないですか

慌ててitunesで購入


でも、前回のアルバムの方が好きかな~~






プロフィール

のん

Author:のん
気ままに更新中♪
写真は以前に撮った物も載せていますので
日記と一致しない場合がありますがご勘弁を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。